慶應義塾大学 湘南キャンパス 秋山美紀研究室 Miki Akiyama Lab

  • English
  • アクセス
  • サイトマップ

HOME > About Lab > 研究会履修のステップ

研究会履修のステップ

※注意:2016年度は担当教員が留学のため、新規学生の履修はありません。2017年度は募集します。


私たち、慶應義塾大学SFCのヘルスコミュニケーション研究会での学びは、3段階のステップになっています。

大学に入って初めてこの分野を体験したい人は「研究会1(ヘルスコミュニケーション基礎編)」に入門してください。基礎的な文献の輪読、グループワーク、そして学生による企画を夏休みにフィールドで実践するプロジェクト等を通して、ヘルスコミュニケーションの導入を体験します。

また、鶴岡の先端生命科学研究所からだ館がん情報ステーション等とも連携しており、地域でのヘルスコミュニケーションの実践の機会もあります。地域コミュニティの健康増進、子ども達への命のワークショップ等の企画と実践に参加したい人も歓迎です

さらにヘルスに関する研究を深めたいという人、卒業研究をこの分野で行いたいという人は、必ず、「ヘルスリサーチの基礎」「エビデンスに基づく健康政策とコミュニケーション」の授業を履修してください。授業では、疫学研究のデザインを講義しています。また自分の研究に必要と思われるデータ分析法(統計やインタビュー分析法等)の科目も履修してください。大学の卒業研究に必要な研究方法(研究デザイン、データの収集法、データの分析法、記述方法)について、4年生になる前に学ぶことが必要です。

研究会1を1~2学期経験しながら、ある程度の研究方法も身についたら、「研究会2(ヘルスコミュニケーション中上級編)」に進んでください。
ここでは、卒業研究に向けて各自の研究をブラッシュアップしていきます。論文データベースを用いた先行研究レビュー、国内外の研究論文の批判的吟味等、研究に必要な技術や力も身につけます。

LabStep.JPG